Python

【Flask入門】インストールからHello Worldまでを解説




FalskのインストールからHello Worldまでを解説

FalskのインストールからHello Worldまでを解説

 

みなさんこんにちは、ソラです。

Flaskを使ってみたいけど始め方が分からない
リク

 

こんな悩みを解消していきます。

 

本記事の内容

  • Flaskとは何か
  • Flaskのインストールと環境構築方法
  • FlaskでHello Worldの表示

 

PythonでWeb開発を行う際、Djangoに次いで使用率の高いFlask。

学習コストが比較的低いことで有名であり、初めてWeb開発を行う方にも取り掛かりやすいです。

 

今回はその第一歩として、Flaskのインストールから環境構築完了の証であるHello Worldまでを解説していきます。

 

< まずはプログラミング無料体験レッスンを受けてみよう >

侍エンジニア塾を見てみる

 

 

Flaskとは

Flask

 

FlaskはPython用に作られた簡易的なWebフレームワークです。

 

Webフレームワークとは簡単に言うと、WebサイトやWebアプリ作成を容易に行えるよう便利な機能の集合体のようなものです。

 

PythonのWebフレームワークで有名なDjangoと比較すると揃えている機能は少ないです。

しかし、Flaskは「マイクロフレームワーク」と呼ばれており、小規模なWebアプリなどを作成するには十分すぎる機能を持っています。

 

加えて学習コストも他Webフレームワークと比較して低いため、Web初心者には始めやすいでしょう。

 

>> Flaskドキュメントはこちら

 

環境構築とFlaskのインストール方法

さっそく環境構築とFlaskのインストールを行っていきましょう。

 

環境構築とFlaskインストール方法

  • Pythonのインストール
  • 仮想環境を構築し有効にする
  • flaskのインストール

 

1つずつ解説していきますね。

 

Pythonのインストール

まずはPythonをインストールしましょう。

 

すでにPythonをインストールしている方は次へ進んでください。

まだインストールしていない…
リク

という方は下記記事を参考にPythonをインストールしましょう。

 

Windows版Pythonのインストール方法を解説
参考Windows版Pythonのインストール方法を解説【一緒に開発環境を作りましょう】

 

仮想環境を構築し有効にする

次に仮想環境を構築していきます。

 

別記事で仮想環境の構築方法をまとめていますので、そちらを読んだほうがより理解が深まると思います。

Pythonで仮想環境を作る、標準パッケージvenvを使用
参考Pythonで仮想環境を作る、標準パッケージvenvを使用してみよう!

 

ここでは簡単に仮想環境の構築方法を載せておきます。

 

コマンドプロンプトを起動し、任意のフォルダに移動。

作成したいフォルダを作成します。

 command
mkdir Sample

 

作成したフォルダの中に入ります。

 command
cd Sample

 

移動後、以下コマンドを実行することで仮想環境が構築されます。

 command
python -m venv master

 

コマンドが終了したら、以下コマンドで仮想環境を有効にしましょう。

 command
master\scripts\activate

 

これで仮想環境が構築され、実行されている状態ができました。

この状態で次に進みましょう。

 

flaskのインストール

次にFlaskのインストールを行っていきます。

 

仮想環境が有効の状態で以下コマンドを実行しましょう。

 command
pip install flask

 

少し時間がかかりますが、終わりましたら以下コマンドでしっかりインストールされているか確認しておきましょう。

 command
pip list

 

Flaskインストール

 

上記写真のように表示されればインストール完了です。

コマンドプロンプトは起動したままにしておいてください。

 

< まずはプログラミング無料体験レッスンを受けてみよう >

侍エンジニア塾を見てみる

 

Hello Worldの表示

FlaskでHello World

 

ここからは実際にコードを書いてHello Worldを表示させてみましょう。

 

本来はtemplatesフォルダやstaticフォルダを構成するのですが、今回はPythonファイルのみで起動するプログラムを作成していきます。

 

非常に少ないコードでWebが起動しますので、ぜひ挑戦してみましょう!

 

Pythonファイルの作成

まずは実行するPythonファイルを作成していきます。

 

先程作成したフォルダを見てみると下写真のようディレクトリ構成なっていると思います。

このフォルダに赤矢印で指している”main.py”を作成します。

Flask実行1

 

作成したらお使いのエディターでコードを書いていきます。

エディターって何?
リク

という方はこちらの記事からVSCodeをインストールして使ってみましょう。

VSCodeのインストール方法を解説【Windows版】
参考VSCodeのインストール方法を解説【Windows版】

 

今回main.pyに書いていくコードはこちらです。


# ====== FlaskでHello Worldを表示 ======
from flask import Flask

app = Flask(__name__)

@app.route("/")
def hello():
    return "Hello World"

# 実行
if __name__ == '__main__':
    app.run()

 

コード解説

ここでは少しコードを解説していきます。

 

まず2行目でFlaskを使いますよという宣言を行っています。

続いて4行目でappという変数にFlask本体を導入しています。

 

6行目のrouteとはいわゆるURLのことを指し、今回はデフォルトの”/”を指定しています。

本サイトを例に言えば以下のような感じです。

ポイント

・トップページが → ”/”

・この記事 → ”/flask-install”

 

7行目からはhelloという関数を指定しています。

基本的にrouteの下に書いた関数が、指定したroute表示時に動作する内容です。

 

今回はHello Worldという文字を表示するようにしています。

 

最後11行目からはこのプログラムを起動させるおまじないのようなものだと考えておきましょう。

 

プログラム実行

では実際にプログラムを実行してみましょう。

 

起動したままにしているコマンドプロンプトに戻りましょう。

そこで以下のコマンドを実行します。

 command
python main.py

 

すると下写真のような文字が出てきますので、赤線で引いたURLをコピーしてブラウザに張り付けましょう。

Flask実行2

 

下写真のように画面に”Hello World”と表示されればFlaskが正常に実行された証拠です。

Flask実行3

 

これでFlask環境の構築は終了です。

ソラ
お疲れ様でした!

 

まとめ:flaskでWebアプリを開発してみましょう

FlaskはWebフレームワークの中でも本当に分かりやすい作りをしています。

 

今回のHello Worldの表示、HTMLファイルすら使わずたった10行でできました。

正直すごいことです。

 

本格的に小規模のWebアプリをFlaskで開発する場合はHTMLファイルやCSSを使用する必要があります。

しかし、Flaskの参考書も多くすぐ習得できるはずです。

 

Flaskに慣れるために、まずは自分専用のToDoアプリ等を作成してみてはいかがでしょうか。

 

\ 本サイト管理人がFlask学習で使用したおすすめ書籍 /


おすすめ記事

【プログラミング初心者】Python無料講座を受けてみませんか?【テックジム】
【プログラミング初心者】Python無料講座を受けてみませんか?【テックジム】

-Python
-

© 2022 ソラブログ Powered by AFFINGER5