プログラミング学習

Spartan Programmingの評判・特徴とはいかに【徹底解説】

Spartan Programmingの評判・特徴とは【徹底解説】

Spartan Programmingの評判・特徴とはいかに【徹底解説】

 

みなさんこんにちは、ソラです。

 

Spartan Programmingの評判ってどうなの?
リク

 

こんな悩みを解決していきます。

 

本記事の内容

  • Spartan Programmingとは
  • Spartan Programmingが目指す”本物のエンジニア”とは
  • Spartan Programmingのメリット・デメリット
  • Spartan Programmingをおすすめしたい方
  • Spartan Programmingの評判
  • Spartan Programmingの料金

 

エンジニア・プログラマーになりたい!
リク

そう強く思う方へおすすめしたいのが、今回ご紹介するSpartan Programming。

 

「ギブアップをするまで答えを教えない」というプログラミングスクールでは異例で新しいコーチング手法を取り入れており、現場に出ても即戦力になれる”本物のエンジニア”へと成長できるスクールです。

 

本記事ではそんなSpartan Programmingの評判を徹底解説していきます。

 

記事の信頼性

本サイト管理者は現役で活動するプログラマーであり、現役プログラマーとしての視点と客観的視点の2点でまとめています。

 

< 5人に1人受講料無料キャンペーン中! >

Spartan Programmingを詳しく見る

 

 

Spartan Programmingとは

Spartan Programming

 

サービス名Spartan Programming(スパルタプログラミング)
料金398,000円(税込)
学習期間4ヶ月
学習時間24時間365日サポート
学習形態オンライン
講師現役エンジニア
学習言語HTML/CSS,PHP,JavaScript等
転職支援あり(アフター付き)

 

Spartan Programming(スパルタプログラミング)は”本物のエンジニア”を目指す方に特化したプログラミングスクール。

 

本気でプログラミングを学習したい方に特におすすめしたい、転職までコミットするスクールです。

 

Spartan(スパルタ)って書いてるし少し怖い...
リク

言葉だけ聞くと悪い方向に想像しがちですよね。

 

確かにSpartanとは、教育現場などで使われる厳しい教育方針や考え方のことを言います。

Spartan Programmingでは「ギブアップをするまで答えを教えない」という全く新しいコーチング手法を採用しています。

 

しかし、「答えを教えない」というのは絶対に何も教えないということではありません。

講師が答えを教えるのと同時に、下記2点を身に付けてほしいということです。

身に付けてほしいスキル

・自分で答えを導きだすためのプロセス

・答えを導き出すために必要な周辺知識

 

もちろん、答えを導き出すためのコーチングを都度丁寧に行っていきます。

エンジニアにとって大事なスキルを身に付けるコーチングこそが、Spartan Programmingの考える「Spartan」ということです。

 

ソラ
Spartan Programmingの手法は本当に大事なスキルを身に付けられますよ!

 

Spartan Programmingが目指す"本物のエンジニア"とは

Spartan Programmingが目指す"本物のエンジニア"とは

 

本物のエンジニアってどういう意味なの?
リク

 

Spartan Programmingが目指す”本物のエンジニア”とは、自ら行動し、問題や課題を解決することができる市場価値の高いエンジニアを指しています。

 

といってもパッとしない方もいらっしゃると思います。

そこでSpartan Programmingが考える、”本物のエンジニア”を目指すために身に付けてほしい2つのスキルをまとめていきます。

”本物のエンジニア”を目指すために身に付けてほしい2つのスキル

  • 自己解決能力を高める
  • 日々アップデートされる技術を習得するキャッチアップ力

 

1つずつ解説していきますね。

 

自己解決能力を高める

Spartan Programmingでは自己解決能力を高めることができます。

 

突然ですが、みなさんに質問です。

プログラミングスクール卒業生の多くがいざ現場に出て苦労することは何かご存じでしょうか?

 

それは分からないことを自分で解決できない、または解決しようと考えないことです。

プログラミングスクールにいる間は分からないことを聞けばすぐに教えてくれる環境です。

 

プログラミングのスキルが一番大事じゃないの?
リク

確かにプログラミングの知識は大事ですし必要です。

しかし、それよりも大事なのは自分で解決できる・解決しようとする”自己解決能力”にあります。

 

Spartan Programmingは「ギブアップをするまで答えを教えない」という全く新しいコーチング手法を取り入れています。

このコーチング手法には本物のエンジニアに必要な自己解決能力を身に付け、高める意図があります。

 

プログラミングの基本はトライ&エラーです。

コードを書いて実行してエラーが出て、エラーの原因を自分で調べ書き直して再度実行する。

 

トライ&エラーを繰り返す。

そうすることで、自然とエラーや分からないことに対して”まずは自分で調べて解決してみる”という思考が染みついていきます。

 

「ギブアップするまで答えを教えない」ということは、言い換えれば「トライ&エラーができる環境にある」ということです。

これほど現場に近い環境がスクールからできるのは他にはない強みです。

 

ソラ
自己解決能力を身に付けておくと将来役に立ちますよ!

 

日々アップデートされる技術を習得するキャッチアップ力

本物のエンジニアを目指すためには、日々アップデートされる技術を習得するキャッチアップ力も必要になってきます。

 

プログラミングはスクールで学習した内容で終わりではありません。

転職して現場に行けば、学習したはずの言語でも見たことのないコーディングであったり、周辺の未知なる情報が沢山目に入ってきます。

 

まずは新しい情報や技術をキャッチアップする力を身に付けましょう。

 

最初は分からなくてよいのです。

大事なのは分からないなりに調べ、少しずつでも自分のものにしていく自走力にあります。

 

自ら行動し、問題や課題を解決し自分のものにする。

これこそSpartan Programmingが目指す”本物のエンジニア”なのです。

 

IT技術は日々進歩し続け、言語のアップデートや新しい技術が続々出てきます。

エンジニアという職種はそういった新しい技術を取り入れて提案できてこそ、必要とされる人財へと成長します。

 

また、キャッチアップ力や自走力を身に付けるメリットは他にもあります。

身に付けるメリット

・必要とされる人財になれる

・フリーランスや個人事業主など好きな働き方でもやっていける

・高収入でやりがいのある仕事に就けやすい

 

キャッチアップ力を身に付けることで多くのメリットを得ることができます。

必要とされるエンジニアになるために身に付けておきましょう。

 

ソラ
Spartan Programmingでキャッチアップ力を身に付けられますよ!

 

Spartan Programmingで学習できる言語

Spartan Programminで学習できる言語

 

Spartan Programmingではどんな言語が学習できるの?
リク

 

Spartan Programmingでは主に下記プログラミング言語を学習することができます。

学習できるプログラミング言語

・HTML/CSS

・JavaScript

・PHP

・Laravel

・SQL

・Git

・GitHub

 

Webサービスを開発するためのプログラミング言語を学習できます。

Spartan Programmingの良いところはWebサービスを開発するために必要な全工程を余すことなく教えていることです。

 

Webの基礎を作るHTML/CSSから、動きを付けるJavaScript、データを操作するSQL、サーバーサイドを担うPHP。

全てをみっちり教えてくれるため1人称でも開発できるスキルを身に付けることができます。

 

また、大きな現場に行くとチームでの開発も体験するでしょう。

そこで必須となるGitやGitHubの知識・技術も学習できるのは利点です。

 

GitHubを使えることは、今のエンジニアには必須になりつつあります。

Spartan Programmingで基礎をしっかり習得しておきましょう。

 

ソラ
GitHubは便利ですので覚えておいて損はありませんよ!

 

なぜLaravelの学習を導入しているのか

なんでLaravelを導入しているの?
リク

Laravelの学習を導入している理由は、今Laravelを使用した案件が圧倒的に多いからです。

 

下写真を見てください。

フレームワーク比較表

LaravelはPHPの代表的なフレームワーク。

2021年12月時点ですが、Webサービス開発で主に使用されているサーバーサイドフレームワークはLaravelが圧倒的です。

 

DjangoやRuby on Railsではだめなの?
リク

いいえ、ダメではありません。

 

しかし、仮にDjangoを学習しようとすると、Pythonを学習しなければ理解はできません。

Ruby on Railsも同じく、Rubyを学習しないことには理解に苦しむでしょう。

 

ですが、Spartan ProgrammingはPHPの学習を導入しています。

LaravelはPHP用のフレームワークであり、PHPを学習している方であれば比較的習得しやすいのです。

 

加えて、LaravelはMVCモデルを採用しています。

MVCモデルの詳細は今回は省きますが、MVCモデルであることで下記メリットがあります。

MVCモデルを学習するメリット

・保守性が高い

・簡単にプログラムを書くことができる

・他フレームワークも理解しやすくなる

 

つまり、Laravelを学習することでWebサービスが効率的に且つ現場に近い作り方ができるようになるということです。

 

ソラ
Laravelは習得するとWeb業界で通用するエンジニアになれますよ!

 

Spartan Programmingのデメリット

Spartan Programmingのデメリット

 

次にSpartan Programmingのデメリットをまとめていきます。

 

個人的ではありますが、主に2つのデメリットが感じられました。

Spartan Programmingのデメリット2点

  • コーチングがスパルタである
  • 価格が少し高め

 

1つずつ解説していきますね。

 

コーチングがスパルタである

まずはSpartan Programmingはコーチングがスパルタであることです。

 

Spartan Programmingの最大の特徴である「ギブアップをするまで答えを教えない」という新しいコーチング手法。

ですが、言い換えれば”簡単には教えてくれない環境”に慣れていない方には苦痛そのものなのです。

 

突然ですが、みなさんに質問です。

あなたは忍耐力に自信がありますか?

 

正直な話、エンジニアには相当な忍耐力が必要不可欠です。

私は独学でプログラミングを習得したため、忍耐力の必要性は痛いほど理解しています。

 

この忍耐力はSpartan Programmingのカリキュラムでも同じことがいえるのです。

答えを教えてくれないコーチングはスパルタに感じるかもしれません。

 

しかし、転職して現場に行けばもっと過酷なことは間違いありません。

 

逆にSpartan Programmingで少しでも自分で考え解決する力が身に付けば、辛い思いは軽減されますし、期待される有望なエンジニアという認識になります。

 

”本物のエンジニア”を目指すのであれば、多少スパルタの方が良いとは感じています。

 

ソラ
教えてくれる環境があるだけでも素晴らしいことですよ!

 

価格が少し高め

Spartan Programmingは価格が少し高めです。

 

まず料金からお伝えすると、398,000円(税込)です。

内容的には下記の通り。

・実践カリキュラム

・3ヶ月の学習サポート

・転職サポート

 

代表的なプログラミングスクールと比較すれば価格的に差はありません。

しかし、今は格安プログラミングスクールの参入もあるため、どうしても少し高いという認識になってしまいます。

 

価格で決める方も多くいらっしゃいますし、私もその1人です。

ですが、現役エンジニアである私の意見としては、Spartan Programmingのサービスや方針は現場に近い環境そのものです。

 

つまりSpartan Programmingを受講した時点で、現場にいるような緊張感とスキルが身に付くということです。

即戦力のエンジニアになりたい方には、多少の価格でも出しても良い良質なサービスでしょう。

 

Spartan Programmingのメリット

Spartan Programmingのメリット

 

次にSpartan Programmingのメリットをまとめていきます。

 

"本物のエンジニア”を目指すと提唱するだけのしっかりとしたメリットが7点ありました。

Spartan Programmingのメリット7点

  • 「ギブアップをするまで答えを教えない」全く新しいコーチングスタイル
  • 講師は全員現役で活躍するエンジニアが対応
  • 実践的なカリキュラム
  • 課題を講師が徹底レビュー
  • 完全オンライン学習が可能
  • 24時間365日のチャットで学習をサポート
  • 成功率98%の転職支援

 

1つずつ解説していきますね。

 

「ギブアップをするまで答えを教えない」全く新しいコーチングスタイル

Spartan Programming最大の特徴は「ギブアップをするまで答えを教えない」全く新しいコーチングスタイルにあります。

 

”ギブアップをするまで答えを教えない”コーチング手法は業界初。

異例である手法ですが、これには前章でもまとめた通り”本物のエンジニア”を目指すというSpartan Programmingのコンセプトが関わっています。

 

Spartan Programmingが考える”本物のエンジニア”を目指すにあたって必要なスキルは下記2点です。

本物のエンジニアに必要なスキル

・自己解決能力

・新しい技術へのキャッチアップ力と自走力

 

特に自己解決能力はエンジニアにおいて必要不可欠なスキル。

またプログラミングだけでなく、多くの場面で役に立つスキルでもあるためかなり重宝します。

 

”本物のエンジニア”になりたい!
リク

こんな方へ、Spartan Programmingほどおすすめのプログラミングスクールはありません。

 

講師は全員現役で活躍するエンジニアが対応

Spartan Programmingの講師は全員現役で活躍するエンジニアが対応しています。

 

Spartan Programmingの講師は選抜された技術力と実績のある、第一線で活躍するエンジニアのみ。

「ギブアップをするまで答えを教えない」というコーチングは、選抜された現役エンジニアが集結しているからこそできる手法です。

 

また、ただ答えを教えるだけではありません。

・なぜこんなエラーが起きたのか

・このエラーに対してはどこを見るべきか

・エラーの解決方法や調べ方

など、選抜された現役エンジニアだから伝えられる技術やノウハウがあります。

 

転職する前に上記ノウハウが聞けるのはかなり貴重です。

 

ソラ
Spartan Programmingで聞いたノウハウはしっかり覚えておきましょう!

 

実践的なカリキュラム

Spartan Programmingでは実践的なカリキュラムを受けられます。

 

もちろん最初はプログラミングの基礎を学習します。

ですが、注目すべきは講師をしている現役プログラマー方が作成した実践課題にあります。

 

実際に仕事をしていると、本当に必要な技術という部分がいくつも出てきます。

 

Spartan Programmingでは”現場で普段使っている技術”を厳選し、カリキュラムに収めてあります。

受講の短期間で効率的に成長が見込めるカリキュラムこそ、Spartan Programmingを受講するメリットでしょう。

 

ソラ
プログラミングは実践あるのみです!

 

課題を講師が徹底レビュー

Spartan Programmingでは課題を講師が徹底レビューしていきます。

 

通常は課題を行ったら、模範コード等で照らし合わせて終わりがほとんどです。

ですが、Spartan Programmingでは課題を1つ1つ直に見てレビューしていくスタイルを取っています。

 

この仕様には3つの意図があると感じています。

講師が課題をレビューする理由

・なぜこのコーディングになったのかという考え方を改めさせる

・説明をさせることでより理解を深めさせる

・現役エンジニアならではのコーディングを伝える

 

自分がなぜこういう書き方になったのかという理解をすることで、プログラミングに必要な論理的思考が身についていきます。

 

講師が課題をレビューすることは、論理的思考を含めて”本物のエンジニア”になるための重要なプロセスなのです。

 

ソラ
加えて、現役エンジニアの知識や考え方が教われますよ!

 

完全オンライン学習が可能

Spartan Programmingは完全オンラインで学習ができるのもメリットです。

 

インターネットを設置している環境であれば、いつでも学習を始めることができます。

学校に通わなくてよいというのは、それだけでも無駄な時間を削減できますよね。

 

また、完全オンラインであることで以下のような毎日忙しい方の見方でもあります。

・学生やアルバイトで時間を取れない方

・社会人で日中時間が取れない方

・子育て中の方

 

少しでも空いた時間を有効活用したい!
リク

こんな方にSpartan Programmingはおすすめしています。

 

24時間365日のチャットで学習をサポート

Spartan Programmingでは24時間365日のチャットで学習をサポートしています。

 

最近では24時間365日チャットのサポートがあるプログラミングスクールは増えてきました。

しかし、中には取り入れていないスクールがあるのも事実です。

 

だからこそSpartan Programmingは良心的なサービスの1つと考えてよいでしょう。

 

特に日中学校やお仕事などで時間が取れない方は、夜の空いた時間で行いますよね。

そんな時、課題等が分からず誰にも聞けない環境になってしまうと独学とほぼ変わりません。

 

24時間チャットサポートの有無はプログラミングスクールを選ぶ基準の1つと言っても過言ではありません

 

ソラ
いつでも気軽に相談できる環境は大事です!

 

成功率98%の転職支援

Spartan Programmingでは成功率98%の転職支援もメリットの1つです。

 

転職支援を行っているプログラミングスクールは多々あります。

しかし、転職成功率98%は驚異的な実績です。

 

なんで98%もの成功率を叩き出せているの?
リク

理由は転職の準備からアフターまで、転職に関わること全てをサポートしているからです。

 

特にすごい部分が、Spartan Programmingでは面接練習を行っていることです。

面接の受け答えはもちろんのこと、自己PRや立ち振る舞いなど細かな部分にも目を付けて指導してくれます。

 

ここまで親身になってサポートしてくれるのはSpartan Programming以外聞いたことがありません。

 

ソラ
転職成功まで寄り添ってくれる素晴らしいスクールです!

 

< 5人に1人受講料無料キャンペーン中! >

Spartan Programmingを詳しく見る

 

Spartan Programmingから目指せる職種

Spartan Programmingから目指せる職種

 

Spartan Programmingから目指せる職種は大きく分けて3つあります。

 

目指せる職種

・フロントエンジニア(PG)

・サーバーサイドエンジニア(PG)

・システムエンジニア(SE)

 

いまいちピンとこない方もいらっしゃるかもしれません。

まず大前提にシステムエンジニア(SE)の枠は今は考えなくて大丈夫です。

 

システムエンジニアになるには、まずプログラマーとしての経験が必要不可欠だからです。

転職して場数と年数を経験してから、職種を変更していくのも手だと感じています。

 

だからこそまず目指すべき職種はフロントエンジニア、サーバーサイドエンジニアでしょう。

 

Spartan ProgrammingはPHP+Laravelの学習を取り入れているスクールです。

PHPは代表的なサーバーサイド言語の1つですので、サーバーサイドエンジニアになった方が学習したスキルが活かしやすいでしょう。

 

また、フロントエンジニアも良い選択です。

HTML/CSS、JavaScriptでWebサイトのデザインをコーディングしていくのは、目に見えて出来ていくためモチベーションも保ちやすく何より楽しいと思います。

 

ソラ
フロントエンジニア、サーバーサイドエンジニアどちらも魅力的でやりがいのある職種ですよ!

 

Spartan Programmingのカリキュラム内容

Spartan Programmingのカリキュラム内容

 

ここからはSpartan Programmingのカリキュラム内容を見ていきましょう。

 

Spartan Programmingが理想とする流れは下記の通りです。

Spartan Programmingのカリキュラム内容

  • 無料カウンセリング/Spartan Programmingに入学
  • 1ヶ月目の内容
  • 2ヶ月目の内容
  • 3ヶ月目の内容
  • 4ヶ月目の内容

 

1つずつ説明していきますね。

 

無料カウンセリング/Spartan Programmingに入学

まずは無料カウンセリングを受けて、Spartan Programmingに入学します。

 

キャリアアドバイザーと無料カウンセリングにて

・どんなことを学習したいのか

・どんな職種になりたいのか

などを相談しましょう。

 

カウンセリングを受けて、決意が決まり次第Spartan Programmingに入学します。

入学すると会員専用のサイトにアクセスでき、初日から教材などに取り組むことができます。

 

1ヶ月目の内容

1ヶ月目は主にフロントエンドのスキルを身に付けていきます。

 

フロントエンドに必要なHTML/CSS、JavaScriptのスキルと知識を学習します。

特にJavaScriptは世界中のWebサイトで使用されていないサイトはないほど汎用性の高い言語ですので、1ヶ月目である程度抑えておきましょう。

 

1ヶ月目で身に付けられるスキル

・Webサイトの見た目を作成できる

・Webサイトに動きを付けることができる

 

2ヶ月目の内容

2ヶ月目ではバックエンドのスキルを身に付けていきます。

 

バックエンド(サーバーサイド)言語の中でも、Spartan ProgrammingではPHP・SQLのスキルと知識を学習します。

 

PHPもまたJavaScriptと同じくらいWebで使われている言語ですので、しっかり習得しましょう。

また、SQLはMySQLをメインに学習していきます。

 

SQLはデータを扱うには必須の言語です。

ソラ
この際に構文だけでも覚えておきましょう!

 

2ヶ月目で身に付けられるスキル

・Web上からデータの登録や削除など操作ができる

・本格的なWebサイト作成ができる

 

3ヶ月目の内容

3ヶ月目ではフレームワークとGit/GitHubを学習していきます。

 

PHPのフレームワークの1つ「Laravel」は、現在最も案件数の多い代表的なフレームワークの1つです。

現場ではほぼフレームワークを使っているため、より実践的な学習が期待できます。

 

また、チーム開発の機会も出てくると思いますので、GitやGitHubのスキルもここで身に付けていきます。

バージョン管理の大切さも合わせて学習できる非常に大事な期間でしょう。

 

3ヶ月目で身に付けられるスキル

・開発現場で使われているスキルが習得できる

・チーム開発に欠かせないスキル、知識が身に付けられる

 

4ヶ月目の内容

4ヶ月目以降は学習を終えた方から転職支援を行っていきます。

 

キャリアアドバイザーによる転職の知識を始め、下記ポイントをレクチャーしていきます。

転職に大事なポイント

・エンジニアの企業選び

・履歴書の作成

・模擬面接

 

転職成功率98%を誇るSpartan Programmingだからこそできるサポート体制。

転職後も充実したアフターフォローがあるため、いつでもお悩み相談等が受けられます。

 

ソラ
転職サポートがあるスクールは嬉しいですよね!

 

Spartan Programmingはこんな人におすすめ

Spartan Programmingはこんな人におすすめ

 

次にSpartan Programmingはどんな方におすすめなのかについてまとめていきます。

 

大きく分けて下記2つに当てはまる方におすすめしています。

Spartan Programmingをおすすめしたい方

  • 本物のエンジニアを目指す方
  • エンジニアになりたいけど独学では限界を感じた方

 

1つずつ説明していきますね。

 

本物のエンジニアを目指す方

まずは本物のエンジニアを目指す方におすすめです。

 

”本物のエンジニア”を目指すにあたって、Spartan Programmingでは下記スキルの習得が必要と提唱しています。

本物のエンジニアに必要なスキル

・自己解決能力

・新しい技術へのキャッチアップ力と自走力

 

プログラミングスクール卒業生に多いのは、自己解決能力が低いことです。

この要因はエラーや分からないことに対して自分で考える時間を設けず、すぐ聞いてしまうことにあります。

 

現場では教えてくれる人はいません。

自己解決能力が低いまま転職してしまうと、正直な話痛い目にあいます。

 

即戦力になりたい!

頼られるエンジニアになりたい!

リク

こんな方にSpartan Programmingは強くおすすめします。

 

エンジニアになりたいけど独学では限界を感じた方

エンジニアになりたいけど独学では限界を感じた方にもSpartan Programmingはおすすめです。

 

独学での学習は相当きついです。

ですが、分からないことを調べ解決しようと努力したことは無駄ではありません。

 

何が足りなかったのかというと、コードまたはエラーに対する調査力と教えてくれる存在です。

 

上記のような方には間違いなくSpartan Programmingはおすすめです。

自分で調べて解決しようとする癖がついている方は、Spartan Programmingを受講しても違和感は全くないでしょう。

 

加えて、独学では知ることができなかった知識やスキルが教われるのは大きなメリットです。

 

ソラ
現役エンジニアの意見が聞けるのはありがたいですよ!

 

< 5人に1人受講料無料キャンペーン中! >

Spartan Programmingを詳しく見る

 

Spartan Programmingの評判

Spartan Programmingの評判

 

ここまではSpartan Programmingのデメリット・メリットをまとめてきました。

次に実際のSpartan Programmingの評判をご紹介していきます。

 

最近のプログラミングスクールでは、効率化や自動化にこだわるあまり、受講生一人ひとりを
しっかり見てくれるところが少ないということを知り合いから聞きました。

そんな中Spartan Programmingでは、すべての課題を現役エンジニアの講師陣がレビューしてくれたので、現役エンジニアの方の思考法やコーディング技術を直に学ぶことができました。

課題を解いていくうちに、自然とプログラミングができるようになることを実感し、とても楽しく学習できました!

無事に転職活動も終え、サーバーサイドエンジニアとして働けることになった今、Spartan Programmingを選んで本当に良かったなと感じています。

Aさん(20代) 営業からサーバーサイドエンジニアへ転職

Spartan Programmingでは、「ギブアップをするまで答えを教えない」という珍しい教育方針を採用しているということを知り、本気で学習できそうだなと思って受講しました。

それでも受講前は「ギブアップをするまで答えを教えてもらえない」ことに、私なんかにできるだろうかという不安を感じていましたが、いざ壁にぶつかった時には講師の方々が答えを出せるよう導いてくれたので、最後までやり遂げることが出来ました。

あえて「答えを教えてもらえない」という厳しい環境に身を置くことによって、Webエンジニアとして働くためのプログラミングの技術を身につけることができました。

Sさん(30代) 消防士からサーバーサイドエンジニアへ転職

独学でプログラミングを学習していましたが、何がわからないのかわからない、という状況に陥いってしまいました。独学では限界を感じ、挫折してしまいそうだったときに「本物のエンジニア」という言葉に惹かれ、Spartan Programmingへの入会を決意しました。

スクールでは講師達が、どこでつまずいているのかを気付かせてくれるため、自分の思考を整理することが出来ました。口に出して伝えることで自分自身の理解も深まり、自己解決能力が高まったと実感できました。

その結果、最後まで挫折することなく学習を終えることができ、無事プログラマーになることが出来ました。

Tさん(20代) フリーターからフロントエンジニアへ転職

 

今回はレビューの一例ですが、良い評判がほとんどでした。

 

Spartan Programmingを受講する方の多くは、内容を理解した”本物のエンジニア”を目指す方でしょう。

そのため疑問に思うことなく、誠実な態度で学習できたのだと思います。

 

「ギブアップするまで答えを教えない」というコーチング手法は絶対に教えてくれないわけではありません。

躓いている部分を自分で解決できるよう導いてくれる指導力にも定評があります。

 

また、デメリットでまとめた価格が少し高めということに関連したレビューは見当たりませんでした。

多少の価格を支払ってでも受講した価値があるスクールだということではないでしょうか?

 

Spartan Programmingの料金と無料お試し期間

Spartan Programmingの料金と無料お試し期間

 

次にSpartan Programmingの料金と無料お試し期間についてまとめていきます。

 

Spartan Programmingの料金と無料体験

  • Spartan Programmingの料金
  • Spartan Programmingの無料お試し期間

 

Spartan Programmingの料金

Spartan Programmingの受講料金は398,000円(税込)です。

 

サービス内容は下記の通り。

Spartan Programmingのサービス内容

・実線カリキュラム(現役エンジニア監修)

・3ヶ月の学習サポート

・転職サポート(アフターフォローあり)

 

価格からみて内容的にも十分なサービスでしょう。

 

また、身に付けられるスキルが単なる基礎ではなくより実践的な内容になっています。

現役エンジニアが講師であり、課題レビューをしてもらえる環境があるのも含まれているのもポイントです。

 

転職サポートもあり、転職成功率は98%。

実績とサポート体制も整っているSpartan Programmingは魅力的です。

 

Spartan Programmingの無料お試し期間

いきなり支払って受講するのはちょっと...
リク

こんな方にSpartan Programmingでは7日間の無料お試し期間を用意しています。

 

無料お試し期間を活用することで以下のようなメリットがあります。

ポイント

・カリキュラム内容を知れる

・コーチングスタイルが自分に合っているかが確認できる

・挫折しそうにないかが確認できる

 

Spartan Programmingは異例のコーチング手法を取り入れています。

そのため受講するしない関係なく、まずは無料お試し期間を活用してみるのは大いにメリットがあるでしょう。

 

Spartan Programmingの評判:まとめ

本記事のまとめ

・Spartan Programmingは”本物のエンジニア”を目指すプログラミングスクール

・「ギブアップをするまで答えを教えない」全く新しいコーチング手法で効率的に学習できる

・現役エンジニアが講師で課題のレビューも行う、より実践的なカリキュラム

・転職支援も行っており、転職成功率は驚異の98%

 

結論、Spartan Programmingの評判は非常に良いです。

 

「ギブアップをするまで答えを教えない」という全く新しいコーチング手法は一瞬不安でしかありません。

しかし、”本物のエンジニア”を目指すためのプロセスを知るとこの手法は理にかなっていると私は感じます。

 

価格は少し高めですが、期間限定で5人に1人受講料無料キャンペーンを実施しています。

まずは無料カウンセリングから気軽に相談してみましょう!

 

>> Spartan Programming公式HPへ

>> LINEでSpartan Programmingにお問い合わせ

 

< 5人に1人受講料無料キャンペーン中! >

Spartan Programmingを詳しく見る

 

おすすめ記事

DAREPRO(ダレプロ)の評判とは?格安プログラミングスクールを徹底解説
DAREPRO(ダレプロ)の評判とは?格安で充実したプログラミングスクールを徹底解説

-プログラミング学習

© 2022 ソラブログ Powered by AFFINGER5