プログラミング

プログラミングが向いている人の特徴5つ【あなたの適性を確認してみましょう】

プログラミングが向いている人とは?特徴や性格を5つ紹介

プログラミングが向いている人の特徴5つ【あなたの適性を確認してみましょう】

みなさんこんにちは、ソラです。

 

プログラミングって適正があるの?
リク

 

こんな疑問を解消します。

 

本記事の読者理想

  • プログラミングに向き不向きがあるのか
  • プログラミングに向いている人の特徴
  • 適正がないとプログラミングは厳しいのか

 

在宅ワークやフリーランスが増えている現在。

自由な働き方を目指してプログラミングを学習しようと考える方も少なくありません。

 

しかし、プログラミングは躓いたり挫折してしまう危険が高く、人によっては向き不向きがあるのです。

 

そこで本記事ではプログラミングに向いている人の特徴を5つまとめていきます。

 

< AIコース、まずは無料体験レッスンから >

侍エンジニア塾

 

 

プログラミングに向き不向きはあるのか

結論をいうと、プログラミングに向き不向きはあります。

 

例えば

・机に1日中座っていられない

・パソコンを長時間見るのはしんどい

・考えること、勉強することが苦手

な方、おそらく8割がたは向いていないでしょう。

 

しかし、やってみたら以外と性に合っていることもありますし、工夫次第で向いていないが払拭されることもあります。

 

ただ、大前提としてプログラミングには向き不向きがあることを頭に入れておきましょう。

 

プログラミングが向いている人の特徴5つ

ここでは、プログラミングが向いている人の特徴を5つまとめていきます。

 

チェックリスト

  • 論理的思考ができる
  • 忍耐力がある
  • 好奇心がある
  • 物事の効率化を図れる
  • 柔軟な思考をもっている

 

1つずつ解説していきます。

 

論理的思考ができる

プログラミングが向いている人の特徴1つ目は、論理的思考ができることです。

 

論理的思考(ロジカルシンキング)とは、物事を整理し順序立てて考えることをいいます。

 

論理的思考はシステムエラーの解決やプログラミング設計に特に役立つ、プログラミングにおいて必要な考え方の1つです。

 

論理的思考なんて無理じゃない?
リク

と諦めかけている方、大丈夫です。

 

論理的思考はプログラミングを続けていれば自然と身についてきます。

ですので、始めから論理的思考を持っていなくてはならないわけではありません。

 

大事なのはプログラミングを学習しながら論理的思考を理解する姿勢です。

 

プログラミングはいかにロジックを理解し、臨機応変に状況に対処できるかが鍵になってきます。

 

忍耐力がある

プログラミングが向いている人の特徴2つ目は、忍耐力があることです。

 

忍耐力はどの職業も必要なんじゃないの?
リク

 

確かに忍耐力はどの職業でも必要です。

しかし、プログラミングは甘い考えでいるとかなり痛い目に合います。

 

プログラミングは分からないことだらけで、トライ&エラーの繰り返しです。

ちょっとしたコーディングに躓いて2~3時間費やしてしまうなんていうのはザラにあります。

 

そんな時に現実逃避せず、エラーや不明な部分の解決に集中できる忍耐力がプログラミングには必要不可欠です。

 

好奇心がある

プログラミングが向いている人の特徴3つ目は、好奇心があることです。

 

例えば日々進歩しているIT技術。

・IoT

・AI

・5G

などが代表的な最新技術です。

 

みなさんは上記のワードを聞いたとき

リク
・IoTって何だろう?

・調べてみよう!

という気持ちや行動に移せたでしょうか。

 

アバウトですが、その行動や気持ちが好奇心です。

 

好奇心はITの最新技術ではなく、興味のあることであれば何でも構いません。

”何かに興味があること”がプログラミングを続けることにおいて重要になります。

 

物事の効率化を図れる

プログラミングが向いている人の特徴4つ目は、物事の効率化を図れることです。

 

プログラミングは莫大なコードを期日までに納品しなければならない、かなり責任感ある作業です。

 

その中でスムーズに効率よく捌くためには

・開発環境

・開発高速化

・管理ツール

などをいかに使いこなすかが重要になってきます。

 

もし欲しい機能がなければ自分で開発するのも1つの手です。

 

柔軟な思考をもっている

プログラミングが向いている人の特徴5つ目は、柔軟な思考力が必要です。

 

1つ目の特徴で論理的思考が大事とお伝えして

プログラミングはルールに則った書き方じゃないといけないんだ
リク

と思った方も多いのではないでしょうか。

 

論理的思考ももちろん大事です。

しかし、それ以上に柔軟な思考を持つことが大事です。

 

例えば、自分が開発したプログラムにエラーが起きたとき。

エラー場所が見つけにくい事が多いんですよね。

 

なぜかというと、自分で開発したプログラムだから「完璧だ!」という記憶が残っているからです。

それではいつまでもエラー解決はできません。

 

要するにプログラミングには、概念に捉われない物事を様々な角度から見ようとする力が必要なのです。

 

柔軟な思考はプログラミングに限らず、いろんな場面で発揮できるスキルです。

柔軟な思考は養っていけるスキルですので、もし足りない方は習得していきましょう。

適性を理解した上でプログラミング学習を始めよう

今回取り上げた適性をまとめておきましょう。

メモ

・論理的思考ができる

・忍耐力が必要

・好奇心がある

・物事をの効率化を図れる

・柔軟な思考が必要

 

他にもプログラミングが向いている特徴や性格はありますが、全て当てはまらないと向いていないわけではありません。

プログラミングは適性もそうですが、実際に触って向き・不向きを確かめるのもありです。

 

無料でプログラミング体験できるオンラインサービスもありますので、ぜひ活用して試してみてください。

 

以上、プログラミングが向いている人の特徴5つでした!!

 

< AIコース、まずは無料体験レッスンから >

侍エンジニア塾

 

合わせて読みたい記事

Progateを有料で正しく利用する
【有料版を利用するべき】Progateを正しく利用してプログラミングの基礎を身に付けよう

続きを見る

-プログラミング

© 2021 ソラブログ Powered by AFFINGER5